大阪市PTA協議会 > お知らせ > 家庭向け学習教材データ「プリントひろば」の活用について

家庭向け学習教材データ「プリントひろば」の活用について


突然の長期間休校により、子どもたちの学習面や心のケア等にも不安を感じてる皆様も多いかと思います。

大阪市教育委員会より、子どもたちが授業を十分に受けることができないことによって、学習に著しく遅れが生じることがないよう、家庭向けプリント配信サービス「問題データベースプリントひろば」が利用できることが各学校のホームページやメール配信によって案内されています。

 学校から配付されている課題に加えて必要な家庭は以下の「ご利用ガイド」を参考にして利用することができます。

なお、利用にはユーザーIDとパスワードが必要となっており、メール配信で周知されていたり、学校まで問い合わせることとされているパターンがあるようです。新型コロナウイルスによる臨時休業中のみ利用できる特別なライセンスになっているとのことですので、ご利用ください。

 

小学生用

https://pmon.tokyo-shoseki.co.jp

中学生用

https://pmon2.tokyo-shoseki.co.jp/

 

ページの先頭へ戻る